はじめての小豆島でキャンプを楽しむ

こんにちは aonamiです。

小豆島へ初めて訪れました。
なかなか伺う機会もなくでしたが、ようやくという感じ。フェリーでしか行けないという事もあり、やはり近くて遠い場所なんですよね。

お宿は取らずにキャンプで過ごしました。
軽く観光もしてみたりして。
旅の記録を残しておきます。よければご覧ください。

小豆島1泊2日キャンプ旅の記録

世間的には休日から平日へまたぐ 1泊2日の旅です。

5時起床
大阪から友人を拾いつつ車で神戸フェリーターミナルへ

いざ小豆島へ

朝便にて小豆島へ向かいます。

神戸-坂手航路 ニャンコフェリー
神戸8:00発 坂出11:20着(およそ200分)


明石海峡大橋を下から眺める図

小豆島ランチは洋食屋さんにて

坂手港より車で15分 二十四の瞳映画村の近く。
下船してすぐ向かいました。

航行中にネットであたりをつけていたお店です。
サクラヰ(食べログへ飛びます)
ローストビーフのひしお丼頂きました。大盛りです。

混みそうな予感がしていたので早めに向かいましたが正解でした。
食事を済ませる頃には待ちの列ができていましたので

どうやら島の至る所にて肉・魚・野菜などなど、多様なひしお丼が頂けるようです。

「醤(ひしお)」とは、塩を加えて発酵させた塩蔵品のこと。小豆島には、醤の代表格である醤油や佃煮を作る工場が軒を連ねるエリアがあり、「醤の郷(ひしおのさと)」と呼ばれています。
醤の郷(ひしおのさと)を歩く うどん県旅ネットより

別荘地の視察

今回の旅の目的の一つ。
お知り合いの方から使ってない別荘地を譲ってもいいよなんて有難いお話頂いたので、現地の視察をしてきました。現状竹藪。一筋縄ではいかなそうだなと感じましたが、面白そうでもある。とりあえずお持ち帰り。

道の駅 オリーブ公園

キャンプ場のチェックインまでもう少々時間があったので寄り道観光です。
オリーブの木を見たのは初めてかもしれません。
葉の色も形も独特。実もたくさん生っていましたが、こちらの施設 雰囲気あっていいです。

貸しホウキ持ってる方がたくさんいらっしゃってなんだろうと思いましたが、
魔女の宅急便 実写版のロケ地だったそうな。実写版なんかあったんだと、ここで知りましたがw


シンボルの風車がこちらにありました。


オリーブソフトクリームにオリーブオイルかけたん
ならではメニューですね、美味しかったです。

キャンプ場へ向かう

向かうと言っても、オリーブ公園からは近いですけども
今回一番楽しみにしていた、小豆島でのキャンプです。

15時に camp tiki-tiki 小豆島 さんにチェックイン。
もちろん初めて利用するキャンプ場でした
平日またぎ利用の為か、客は自分達だけ。ラッキーです。
テントを張ってから最寄りのスーパーで食料調達をしました。

キャパは最大3組?かなりコンパクトなキャンプ場です。
併設の事務所に綺麗なお手洗い、またしっかりした洗い場にキッチン道具や備品を用意してくれています。かなり手厚いなという印象を受けました。

歩いていける距離にスーパー銭湯、車は使うがさほど遠くない距離にスーパー・コンビニ有り。
周辺施設も十分ですね。

短所はやや住宅が近いのでキャンプに没入しづらい点。まあ、前だけ見てれば大丈夫ですw


高台から湾を望む景色が最高です。

幕はogawaのヴィガスを持っていきました。
もうちょっと大きい幕もあるんですが、今回は新しいこれがどうしても張りたくて
友人はテント 私は車で寝るシステム。

お肉焼いてお酒飲んでじっくりお話して
ゆったりした時間を過ごし 22時頃に就寝。

また使いたいと思うキャンプ場でした。できれば貸切利用がいいな。

エンジェルロード

2日目の朝
できるだけ人がいない状況で見たかったので、日の出前に起きて現地へ向かいます。
期待通りエンジェルロードを独り占めすることに成功。

潮の満ち引きで道ができるそうです。ワクワクしませんか?こういうの。
想像していたよりは こじんまりとしていたかな。


エンジェルロード潮見表 フェリー屋さんが提供して下さっています。
時刻を合わせて見に行くといいですね。

キャンプ地へ戻り、撤収にかかります。

寒霞渓

福田方面へ向かいたかったので小豆島を真ん中ぶち抜くルートを選択。
丁度こちらがありましたので寄らせてもらいました。
高地らしく大変涼しくて気持ちよかった。野生のお猿さんもいましたよ。
出発前に予備知識で紅葉が綺麗なところだよと聞いていたのですがまだもう少し先になりそうです。
間違いなく綺麗だろうと想像します。


パノラマで撮りたくなるような、絶景。山から海まで全部あります。

帰路につきます

おみやげ売り場が少し小さいので、ここから帰るなら町で先に買っておくべきだったかなと少し後悔。

福田-姫路航路 小豆島フェリー
福田11:40発 姫路13:20着(およそ100分)

2時間くらい姫路からドライブ帰阪 今回の旅は終了となりました。

小豆島独自のgotoキャンペーンあります

私は対象外でしたので利用できませんでしたが

小豆島復路フェリー無料キャンペーン
フェリー復路が無料になるキャンペーンが小豆島観光協会より開催されています。

対象地域の方は既存のgotoと合わせて利用するとかなりお得に旅行できるのではと思います。

あとがき

平日へまたぐ旅はあまりできないのですが、今回はすいてて最高だったなあと しみじみと。
島はめっちゃいいとこでしたね(ざっくりw)一度行けたので遠い意識が薄れたように思います。
特にのんびりしたい時はいいかもしれません。
淡路島も似たような雰囲気でしたが、最近特に混みますからねあちら…
これからは小豆島かな、どうだろう。

スポンサーリンク

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください